Happy Life

reiracafe.exblog.jp

ラブレイのレスキュー日記

ブログトップ

シェルターメディシン・動物行動学・動物福祉学

立て続けに、とても勉強になった講座をうけました


まずは、「シェルターメディシン~より良い譲渡に向けて~」

 現在、日本では殺処分されている動物に対する注目度も高くなり、一度は行き場を失った動物を譲渡する傾向が強くなっています。行き場を失った動物に新しい家族を探すには、動物を一時的に多数収容しなければなりません。犬や猫を多数飼育する場合の獣医医療がシェルターメディシンで、まだ日本にはなじみのない新しい分野です。
 シェルターメディシンとは、「伴侶動物の群管理」と定義され、小動物一般臨床の個体管理とはやや異なります。個体管理では特定の1頭の動物の健康を対処しますが、群管理では群全体の健康を対処します。つまり、伝染性疾患が発生した場合などには群全体を守るための最適な手段を選ばなければならず、根本的な治療方針が個体管理とは全く異なる場合があります。群管理での最大の目的は、「群の健康を維持し、心身ともに健康な動物を一頭でも多く譲渡すること」です。
 犬や猫が家庭を失って、シェルターのようなところに収容されると環境の変化により多大なストレスに見舞われます。

シェルターにおける犬や猫のストレス因子
・家族と離れたことによるショック
・見知らぬ場所なおかつ狭い場所に閉じ込められる恐怖
・見知らぬ人が近寄ってきて色々と世話をしてくる恐怖
・周りに見知らぬ動物がいる恐怖(特に猫の場合は周りに犬の気配がする恐怖)

 これらが引き金となって動物は様々な有害反応を示します。
 シェルターのような場所での主な有害反応は、感染性疾患と問題行動です。これらの有害反応に対処して群の健康を維持するのがシェルターメディシンです。(米国カルフォルニア州立大学 田中先生)



このシェルターメディシンという分野はまだまだアメリカでも歴史は浅いようです
シェルターメディシン、簡単に言うと、シェルターで生活するうえで、ストレスレスで健康で1つでも多くの命を救うためには…?を研究する学問というわけです
驚いたことは、シェルターでの成果測定(動物の収容状況、頭数、品種傾向、安楽死率、譲渡率、疾病の発生率、発病率、寄与危険率、致死率etc…)はアメリカではすべてシステム化されているということ
シェルター用のソフトが売っているそうです。。おどろき。。
とても興味深い内容でした




そして、「動物行動学/動物福祉学」の講座

動物福祉学とは、食文化の多様化により動物を殺すことは避けられないが、高度な志向や社会性のある動物に対して生きている間の生活に配慮することである
動物福祉とは動物の愛護/保護活動でも老犬の介護でも、引退後の競走馬の世話でもありません

The Five Freedoms
1.飢え・渇き・栄養失調からの自由(活力と健康を維持するために新鮮な飲み水と食事の提供)
2.不安感・不快感からの自由(適切な住環境や居心地の良い寝床の提供)
3.痛み・怪我・病気からの自由(予防および迅速な診断と治療)
4.正常な行動を表現する自由(十分な空間、適切な設備、同種動物との社会的接触)
5.恐怖と苦痛からの自由(精神的苦痛を回避できる状態・状況の確保)

これが国際的な動物福祉の基本です
残念ながら日本にはまだまだこの精神がないですよね…

すごく具体的なことでお話すると、ドイツの法律はすごいです
◇物理的環境については…
断熱効果のある健康を害さない素材(屋外)の犬舎。負傷する危険がなく、濡れずに休めるもの。
自然採光が確実に保証される室内。新鮮な空気が十分に供給されなければならない。

◇空間制約については…
フェンス内で飼育の場合、体高に応じて以下の敷地面積を自由に使用できるものでなくてはならない。体高50cm以下最小敷地面積6㎡、体高50~65cm以下最小敷地面積8㎡、体高65cm以上10㎡

◇社会的環境については…
屋外の運動場が十分に与えられるとともに、飼育者との交流が十分に保証されなければならない。

こんなに事細かに法律で決められているなんて…
日本とは大違いですね

イギリスでも食用の鶏を運ぶにしても、傾斜が〇〇度のスロープが必要で、スロープの材質は〇〇で、一羽あたりの面積は〇〇必要だと決められているのだそうです

c0218443_1212039.jpg



日本も現在動物愛護管理法改正に向けて、様々なところで議論が繰り返されていますが
2歩も3歩の遅れではないですね…
日本は人間のパートナーとして生活できる犬や猫の倫理の問題ですが
海外では食用になる動物にも倫理があるのでは…というレベルなんです、しかもそれがもはや通っているんです

50歩、いや500歩くらい遅れているのか…?




人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-29 01:22 | volunteer