Happy Life

reiracafe.exblog.jp

ラブレイのレスキュー日記

ブログトップ

こんなんにして捨てるな!!

まっつんを応援していただいた皆様、本当にありがとうございました
たくさんの方からご連絡をいただきました
一人一人にお返事することが出来ず、大変申し訳ありません
暖かいお言葉、本当にありがとうございました、、
まっつんだけじゃなく、私も救われました

今頃、天国で笑顔で走りまわっていると思います^^


ようやく私も、復活してきました(^^;)
まっつんがいなくなってからは、何もする気になれず、、
でも処分される子は、まったなしなのね、、、

先週は3頭レスキュー。
うち2頭は埼玉県の保健所に引き取りにいきました
トイプーとミニシュナが収容されていました
どちらも警察経由で保護された子
いわゆる迷子ちゃんです

トイプーは、収容情報をみてすぐに皮膚病っぽいな、、、というのはわかりました
見に行ったら、まぁひどい
あごの下から胸にかけて、足先、が全部はげてしまっています
皮膚病か、マラセか、はたまたアレルギーか、、、、
c0218443_12363585.jpg
c0218443_12365312.jpg

うれしいことに、預かり先が見つかりましてレスキューできました!!
前の飼い主がこの子に持たせた唯一のもの
c0218443_13251938.jpg



それから、Mシュナ君、、、
この子、公開されている収容情報に写真が載っていませんでした
イコール、とってもひどい状態だと言うこと
大怪我をしているとか、瀕死の状態とか、、、

見にいくと、もう自分で立つこともできない状態でした
後ろ足の付け根にはゴルフボール大の腫瘍があり、病気の影響か足が痙攣していました
目やにで左目はガチガチ、耳は耳毛で穴が完全にふさがっていました
耳の中は真っ黒で、奥のほうは消毒液に絶えられない程ただれていました
お腹にもたくさんできものがぶら下がっており、
体もただれて、常にお腹がべちゃべちゃしている状態、、
もちろんウンチとおしっこまみれだから、強烈な悪臭もあり。

センターの職員さんも、この子はちょっとレスキューは無理ですよね…と肩を落としていました
もちろん一般からの譲渡依頼も、他からレスキューのお話もなく、このままだと殺処分。

無理かもしれないけど、助からないかもしれないけど、いいですこの子レスキューします
と言うと、職員さんもうれしいっていうより、かなりビックリした模様…^^;
だってさ、この子が何をしたって言うのさ
もう立てない子が迷子?そんなわけあるかぃ!!!!!!!
誰かが捨てたんでしょ!!!!
しかも、何十年ほったらかしにしたらこんな状態になるんですか!!!!!!
小型犬であるはずのない足のたこ、どれだけ狭いところに閉じ込めたらこんなことになるんですか!!!
これだけ苦しんでいるのに、どうして最後の最後まで苦しんで死ななきゃいけないんですか!!!!!

ミニチュアシュナウザーが飼いたいという方、この子もミニシュアシュナウザーです
救ってやってください

みんな年をとれば病気や介護が必要な状態になります
今は元気でも、あなたのシュナウザーもいつかこうなりますよ
それでも本当に最後まで面倒見れますか?
シュナウザーは病気も多いです
性格もとても頑固です、しつけもかなり大変です
それをわかっていますか?覚悟はありますか?

かわいぃだけでは数年しかもちませんよ



レスキューした「セナ君」です
保健所でも病院でもずっと痙攣していました
神経的な異常かもしれないと言われましたが、家に帰り落ち着くとぐっすり寝て
痙攣もしなくなりました
痙攣じゃなくて、震えてたんだね
そうだよね、怖かったよね

c0218443_13394749.jpg
c0218443_13411360.jpg
c0218443_1320066.jpg
c0218443_13202792.png
c0218443_13205929.jpg
c0218443_13212554.jpg
c0218443_13214350.jpg
c0218443_13224669.jpg
c0218443_13221159.jpg
c0218443_13235393.jpg
c0218443_13241897.jpg

c0218443_13262627.jpg


色々検査したいけど、
とにかくウンチとおしっこまみれの体は捨てて、おいしいもの食べて
ぐっすり寝て、元気になろうね
c0218443_1327787.jpg
c0218443_13272483.jpg

[PR]
by love_reira | 2011-08-22 13:29 | 保護犬