Happy Life

reiracafe.exblog.jp

ラブレイのレスキュー日記

ブログトップ

<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ウクレレ♪

最近、高木ブーのウクレレ教室行ってきましたー!
結論、メチャメチャ楽しかったです!!

いやぁ~私なにせ海好きでしょ?
それに南国も大好きだし~(えっ知らないって!?)
いつかウクレレやってみたいって野望はずっとあったんですよ
で、ワンコ仲間と4人でいざ出陣です
c0218443_504543.jpg

c0218443_512459.jpg

あの音がサイコーですよねー
弾いて歌って…♪とまではいきませんでしたが、なんとか一曲教えてもらいました
あぁ~楽しかった

ってハマリまくった私たちはビールをいただき帰りに楽器屋さんに立ち寄り
帰りの電車の中ではウクレレちゃんと抱えているのでした



Myウクレレちゃん…
ユメのよう~

人気ブログランキングへ←ワンコ関係ないけどポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-30 05:03 | life
立て続けに、とても勉強になった講座をうけました


まずは、「シェルターメディシン~より良い譲渡に向けて~」

 現在、日本では殺処分されている動物に対する注目度も高くなり、一度は行き場を失った動物を譲渡する傾向が強くなっています。行き場を失った動物に新しい家族を探すには、動物を一時的に多数収容しなければなりません。犬や猫を多数飼育する場合の獣医医療がシェルターメディシンで、まだ日本にはなじみのない新しい分野です。
 シェルターメディシンとは、「伴侶動物の群管理」と定義され、小動物一般臨床の個体管理とはやや異なります。個体管理では特定の1頭の動物の健康を対処しますが、群管理では群全体の健康を対処します。つまり、伝染性疾患が発生した場合などには群全体を守るための最適な手段を選ばなければならず、根本的な治療方針が個体管理とは全く異なる場合があります。群管理での最大の目的は、「群の健康を維持し、心身ともに健康な動物を一頭でも多く譲渡すること」です。
 犬や猫が家庭を失って、シェルターのようなところに収容されると環境の変化により多大なストレスに見舞われます。

シェルターにおける犬や猫のストレス因子
・家族と離れたことによるショック
・見知らぬ場所なおかつ狭い場所に閉じ込められる恐怖
・見知らぬ人が近寄ってきて色々と世話をしてくる恐怖
・周りに見知らぬ動物がいる恐怖(特に猫の場合は周りに犬の気配がする恐怖)

 これらが引き金となって動物は様々な有害反応を示します。
 シェルターのような場所での主な有害反応は、感染性疾患と問題行動です。これらの有害反応に対処して群の健康を維持するのがシェルターメディシンです。(米国カルフォルニア州立大学 田中先生)



このシェルターメディシンという分野はまだまだアメリカでも歴史は浅いようです
シェルターメディシン、簡単に言うと、シェルターで生活するうえで、ストレスレスで健康で1つでも多くの命を救うためには…?を研究する学問というわけです
驚いたことは、シェルターでの成果測定(動物の収容状況、頭数、品種傾向、安楽死率、譲渡率、疾病の発生率、発病率、寄与危険率、致死率etc…)はアメリカではすべてシステム化されているということ
シェルター用のソフトが売っているそうです。。おどろき。。
とても興味深い内容でした




そして、「動物行動学/動物福祉学」の講座

動物福祉学とは、食文化の多様化により動物を殺すことは避けられないが、高度な志向や社会性のある動物に対して生きている間の生活に配慮することである
動物福祉とは動物の愛護/保護活動でも老犬の介護でも、引退後の競走馬の世話でもありません

The Five Freedoms
1.飢え・渇き・栄養失調からの自由(活力と健康を維持するために新鮮な飲み水と食事の提供)
2.不安感・不快感からの自由(適切な住環境や居心地の良い寝床の提供)
3.痛み・怪我・病気からの自由(予防および迅速な診断と治療)
4.正常な行動を表現する自由(十分な空間、適切な設備、同種動物との社会的接触)
5.恐怖と苦痛からの自由(精神的苦痛を回避できる状態・状況の確保)

これが国際的な動物福祉の基本です
残念ながら日本にはまだまだこの精神がないですよね…

すごく具体的なことでお話すると、ドイツの法律はすごいです
◇物理的環境については…
断熱効果のある健康を害さない素材(屋外)の犬舎。負傷する危険がなく、濡れずに休めるもの。
自然採光が確実に保証される室内。新鮮な空気が十分に供給されなければならない。

◇空間制約については…
フェンス内で飼育の場合、体高に応じて以下の敷地面積を自由に使用できるものでなくてはならない。体高50cm以下最小敷地面積6㎡、体高50~65cm以下最小敷地面積8㎡、体高65cm以上10㎡

◇社会的環境については…
屋外の運動場が十分に与えられるとともに、飼育者との交流が十分に保証されなければならない。

こんなに事細かに法律で決められているなんて…
日本とは大違いですね

イギリスでも食用の鶏を運ぶにしても、傾斜が〇〇度のスロープが必要で、スロープの材質は〇〇で、一羽あたりの面積は〇〇必要だと決められているのだそうです

c0218443_1212039.jpg



日本も現在動物愛護管理法改正に向けて、様々なところで議論が繰り返されていますが
2歩も3歩の遅れではないですね…
日本は人間のパートナーとして生活できる犬や猫の倫理の問題ですが
海外では食用になる動物にも倫理があるのでは…というレベルなんです、しかもそれがもはや通っているんです

50歩、いや500歩くらい遅れているのか…?




人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-29 01:22 | volunteer
第6回動物愛護管理法を見直す会が開催されました!



動物愛護管理法を見直す会」とは…

~人と動物が供に安心して暮らせる社会の構築を目指すために~

① 話せる環境を作る会
動物愛護活動を行っている民間団体を招き、現行法の問題点を話せる環境を作ります。

② 動物問題を話し合う会
動物愛護管理法のどの点を見直せば、より効果的で、実効性のある法律となるのか?
民間の立場、国の立場から、問題点を掘り下げ話し合います。

③ 動物愛護管理法を見直すための行動を起こす会
施行後5年に一度を目途に改正される、動物愛護管理法を見直すと供に、動物愛護に対する関心と、理解を推進させる行動を起こします。



今回は大変お忙しい中、野田聖子先生がご出席され貴重なお話を聞くことができました
そして環境省、警察庁、浅田美代子様、藤野真紀子前衆議員議員を始め
各業界団体から本当に多くの方々が出席し動物問題について討論がおこなわれました

c0218443_1557228.jpg
c0218443_15574079.jpg
c0218443_15575591.jpg




悪徳ブリーダーやペットショップで売られている動物達は、
とても劣悪は環境におかれ、利益のために小さな命は親から引き離されます

兄弟と遊ぶことを知らない子、親から怒られたことがない子、
暗い箱の中に入れられ移動を繰り返しガラスケースの中で見世物にされる子
問題行動が出てくるのは当たり前です

繁殖のみを目的に飼われている子、出産のたびにお腹を切られ中はぐちゃぐちゃです
出産できない年齢になったらポイです



今回の会議でも8週齢に関する意見が出ました
これは前回の法改正でも議論になっていましたが、組み込まれませんでした
今回は是非…というか絶対!!入れてほしいところです。



微力ながら、これからも命を救うために精進したいと思います!!


人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-26 16:22 | volunteer

ワカバの新生活

昨日は、大移動の一日でした
そして、最後はワカバを希望者さんのところにお連れするという大役(の助手席…)
ワカバ昨日よりお試し開始です!!

引き出しからシャンプーからお泊り保育やら、
ワカバには色々思い入れがありました

一番印象に残ってるのは「保健所から連れて帰るとき」
オヤツもフードも押し込んでも人間2人でもゲージに入れられなかったです苦笑

こ、こ、こんな奴、、、は、は、はじめてや、、、

と敗北感と汗だくにひたった日が懐かしいです苦笑
いいんだょワカバ、幸せになってくれれば~
それでいいんだよ~(/T_T)/

とってーーーもステキな家族でした
人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-22 16:34 | 保護犬
あんれー!!
またまたラブレイが載っているではありませんか!!

WANWAN預かり日記


そーなんです
この前ワカバお泊りにきたんです♪
なにせこのギャルは引き出し当初、躾が全くでして…^^;
アイコンタクトの強化、引っ張り、甘噛みはこのお泊り中トレーニングしました!
これは成果が出ているようで、よかった
あとはハウストレーニングとフセもやりましたよー!

ドッグランも行ったし、毎日アウちゃんと2頭でお散歩したし
3日間楽しかったねーワカバ!
実はワカバもそんなにトレーニングトレーニングしたわけじゃないっすよ汗
お散歩時と、お散歩終わってからお外で5分くらいと、あとは生活の中でちょちょっと…

そんなワカバ、希望者さんがきているそうで
いい縁であることを願っているよ☆

c0218443_2252153.jpg
アイコンタクト上手になったね
c0218443_2261447.jpg
ギャルの寝顔…
c0218443_2263023.jpg
最後は我が家のアウちゃん♪


人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-21 02:29 | 保護犬
──毎年8万匹以上の捨て犬が殺されている。犬たちはその最期を、
全国の自治体の施設で迎える。どんな手が、さしのべられているのか──。──

 JR下関駅(山口県)から車で約40分。山間部の高台に、下関市動物愛護管理センターはある。明るいたたずまいは、きれいに整備された公園を思わせる。
 南側に開けた日当たりの良い場所に、犬たちが走り回れる大きなサークルが設けられている。取材日には10匹ほどの子犬がそこでじゃれ回り、3匹の成犬が日なたぼっこを楽しんでいた。
 この犬たちはみな捨てられて、センターにやってきた。いまは里親となってくれる人を待つ身。時々訪れる里親希望者が、犬たちの様子を見て回り、条件にあえば引き取っていく。
 2009年4月に開館したセンターには、捨てられた犬たちになるべくストレスがかからないよう、たくさんの工夫がほどこされている。大きなサークルもそのひとつ。だが最も注目されるのは最新の殺処分機だ。
 下関市では引き取った犬の6割が殺処分される。里親が見つかる犬は年間50匹前後に過ぎない。その殺処分の時、せめて犬たちの苦痛を取り除こうと、世界で初めて「吸入麻酔剤」による殺処分機を導入したのだ。
 ほとんどの自治体は二酸化炭素ガスを利用した殺処分機を使っている。つまりは窒息死。二酸化炭素には鎮静作用や麻酔作用があるが、処分機内が一定の濃度に達して犬が意識を失うまでは、息苦しさから苦悶する状態が続く。子犬や負傷犬などで呼吸数が少ないと、死に至るまでに長時間かかることもある。

■本当の「安楽死」を

 そうした状況に目をつぶれず、下関市では03年度から開発を始め、1億円以上を費やして殺処分機を作り上げた。
 前述の取材日も、奥まった場所に立つ管理棟では殺処分が行われていた。白い大型犬、柴犬、黒ぶちの雑種がそれぞれケージに入れられ、職員の手によって殺処分機の中へと導かれていく。処分機が閉まる直前、白い大型犬が前脚をかがめ、お尻を高く持ち上げる姿勢をして見せた。犬が「私と遊んで」という意思表示をする時の姿勢だった。
 職員がスイッチを押すとまず濃度15%の吸入麻酔剤が殺処分機の中に充満する。犬たちは約1分30秒で酩酊状態に入り、すぐに意識を失って睡眠状態となる。酸素濃度が18%に保たれており、窒息死することはない。約30分かけて心停止に至り、本当の安楽死が訪れる。
 獣医師でもある女性職員は、監視モニターごしに殺処分の様子を見守りながら、こう話す。
「精神的な苦痛を取り除いてあげることはできません。だから、肉体的な苦痛だけでもなくしてあげたかったのです」
 毎年8万匹以上の捨て犬が、殺されている。その最期の日々を見つめているのが、自治体の職員たちだ。本誌では、動物愛護法と狂犬病予防法に基づいて犬の引き取り業務を行っている全国106の自治体(47都道府県、19政令市、40中核市)にアンケートした。

■1位は熊本市

 どの自治体が「犬に優しい」のか。19項目の回答を点数化し、5段階で評価してみた(39ページからの表及び注)。点数化したのは、どれだけ安楽死に近い手段を講じているかを見る「致死方法」、自治体に引き取られた犬がどれだけ生還できたのかを見る「返還・譲渡率」、安易な飼育放棄を助長する「定時定点収集の有無」、どれだけ里親探しに力を入れているかを判断できる「団体譲渡の有無」、飼い主への啓発や職員のモラル向上につながる「情報公開度」、犬を引き取る際の「獣医師の関与度」など。最もポイントが高かったのは熊本市で、2位西宮市(兵庫県)、3位神奈川県と続いた。一方で都道府県の中で最も低いポイントとなったのは高知、次いで鳥取、広島、鹿児島という順だった。トップと最下位とでは34ポイントもの差がついた。明らかになったのは、自治体による動物愛護への温度差だった。
 まず「致死方法」だが、下関市のように「安楽死」を目指す先進的な自治体はやはり極めて限定的。約85%が、二酸化炭素ガス注入による窒息死だ。
 そんななかで大阪府は、09年度から獣医師が麻酔薬を注射する方法に切り替えている。現時点では「試験実施」だが、
「より安楽死に近い方法を検討した結果です。ただ、一匹ずつ自らの手で殺すこの方法は職員の精神的負担も大きい」(大阪府)
 京都府は、子犬や負傷犬については獣医師が麻酔薬を注射することで殺処分している。
「数も多く、触れると危険な成犬もいるため原則的に殺処分機を使わざるをえない」(京都府)

■横浜市は殺処分機ノー

 田島一成環境副大臣は言う。
「下関市の手法は評価できる。一方で、それぞれの現場に『安楽死』を導入できない事情もある。自治体によって差があることは、事実として受け止めないといけないと思っています」
 その田島副大臣が強調するのが「捨てられた犬たちを再飼養してもらうための体制作り」。殺処分の方法を変えられないのなら、せめて殺処分数を減らそうという取り組みだ。
 横浜市が来年5月の開設を目指す「動物愛護センター(仮称)」は、その象徴的な施設の一つになる可能性がある。
 同市神奈川区内に約1万平方メートルの用地を確保し、総事業費38億円をかけて建設中だ。個室の犬舎約70室や手術室まで備える一方で、「殺処分機は置きません」(浜名和雄・横浜市動物愛護センター整備担当課長)
「殺処分ゼロ」を実践する独ベルリンの動物保護施設の資料などを取り寄せ、参考にしながら設計したという。
「機械の導入に頼らず、譲渡を推進することで殺処分を減らしていく決意です」(同)
 そのため、施設の大部分を動物愛護の普及啓発を行う「交流棟」や「ふれあい広場」にあてている。やむを得ず殺処分する際には、一匹ずつ獣医師が麻酔薬を注射する。だが課題は山積している。譲渡数を増やすのに、動物愛護団体への譲渡は欠かせない。個人が施設を訪れ、里親になるケースはまだまだ限られるからだ。横浜市ではこれまで団体譲渡を認めてこなかった。新センターの開設で、団体譲渡を行うか否か判断を迫られる。また市民に開かれた「啓発施設」を目指しているが、そのための職員の育成も急務だ。
「人間の仕事もないのに犬猫になぜカネをかけるのか」
 横浜市にはそんな苦情も多数寄せられているという。
 殺処分ゼロに向けた取り組みで、既に実績を上げているのが前述した熊本市。熊本市は09年度、453匹の犬を引き取ったが、そのうち411匹を返還・譲渡につなげた。収容中に傷病死した犬を除けば、殺処分した犬は1匹だけだった。

■飼い主をとことん説得

 熊本市の場合、「引き取らない」ことにも力を入れている。犬を捨てに来た飼い主に対して職員が徹底的に説得を行い、連れ帰ってもらう。その結果が「殺処分1」に結びついたのだ。
 一方で、捨て犬の引き取りを「住民サービス」と位置づけ、定時定点収集を行う自治体が15ある。定時定点収集とは、自治体が犬猫を捨てていい場所と日時を設定し、それにあわせて飼い主が捨てに来る犬猫を、収集車が巡回して集める制度のこと。つまり「ゴミの日」の犬猫版だ。安易な捨て犬を増やす原因になっているとして、最近では廃止する自治体が多い。
 茨城県も10年度、その廃止を決めた。茨城県が定時定点収集を始めたのは1987年にさかのぼる。住民サービスとして導入したという。だが、
「過剰ともいえるサービスが、引き取り数の増加につながってしまった」(県の担当者)
 茨城県によると、08年度に定時定点収集で捨てられた犬猫は2384匹で、利用者が518人だった。利用者1人あたり平均4.6匹を捨てていた計算になる。悪質な「リピーター」の温床にもなっていたのだ。
 職員の熱意が現場を変えていく事例もある。
 動物愛護センターの日常を描き、愛犬家の間で話題になっている『犬たちをおくる日』(09年発売、金の星社)。舞台となった愛媛県動物愛護センターは松山市中心部から車で40分ほどの山あいにある。交通の便がいいとはいえないこの場所に、年間2万人あまりが訪れる。
「日本一の愛護センターにする」
 そんな決意を抱いた岩崎靖さんが06年に赴任してきたのがきっかけだ。獣医師でもある岩崎さんは、初任地が保健所だった。当時は県内に散らばる各保健所で、獣医師たちが薬剤注射による殺処分を行っていた。1週間ほどの保管期間があると、捨てられた犬たちもよくなついてくる。だがその犬を、自らの手で殺さなければならない。そんなつらい経験が、原動力になっている。岩崎さんはいう。
「センターがやっていることを隠すから現実が伝わらない。隠さなければ、県民が現実を知り、変わってくれるはずです」

■殺処分の現場も公開

 徹底した情報公開で、日々の業務内容をすべてオープンにした。多くの自治体が隠したがる殺処分機も公開し、殺処分され、焼かれた犬たちの灰になった骨まで見学させる。殺処分の様子を見て気を失う人もいる。捨てられた犬たちを見て、その場から一歩も動けなくなる人もいる。だが現実を知った人たちの中に、一匹でも多くの命を救おうという思いが芽生えるという。
 愛媛県では08年ごろから目に見えて捨て犬の数が減り始めた。同時に、里親になってくれる人が増え始めている。


AERA

2010年6月21日号
定価:380円 (税込み)
表紙:北野 武/映画監督


人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-14 17:58 | volunteer

アウラーの赤い糸探し

あいやーーーーーーー


こんなところに

アウちゃんが

たくさん載っているじゃないですか!!!!!!!

幸せは案外近くに…

そうなんです
アウちゃん、この前お見合いしたんです
でも今回は残念ながらつながりませんでした
また次があるさ♪

いやぁーそれにしても、よく撮れてますねー。
実はラブレイこの時カメラもってくの忘れてましてねー
一緒に行ってくれたるぱこママさんがこんなにたくさん撮ってくれていたなんて
ホントよかった。。。(←他人事!?w)

こんなにかわいぃアウちゃんです
是非見たってくだはぃ~^^

幸せのぶっとい赤い糸、お待ちしておりまーす♪
るぱこママさん、ありがとうございました☆

全然アウラー関係ないけど、この前ドッグランでかわいぃワンコ’Sがいたので…
c0218443_836742.jpg


人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-14 00:50 | 保護犬

プーさんがゆく!!

ご報告いたします
プーさん新しい家族と第2の人生を歩み始めました!!
いやぁよかった…ホントよかった…
プーさんおめでとう(T_T)!!


久しぶりに会ったプーさんはとってもたくましく、自信に満ち溢れていました
これからはママとパパと兄弟達と暮らしていきます!!だから安心して!!
って言ってるような…
さびしいような、うれしいような、、今考えてもなんか泣けてきます
でも私のこと覚えててくれたんでとってもうれしかったですょプーさん!!

悲しい思いをしたのは、この方…
c0218443_14501712.jpg

そうです、言わずと知れたBOOさんです
BOOも久しぶりの再会を待ち望んでいたんですが、
会った瞬間プーさんの激しいマウント攻撃…
ぷぷぷぷぷ…あんなに仲良かったのに…忘れられてんじゃないの!?BOOさんぷぷぷっ…
あえなく、5分で退場、車待機となりました笑


なにはともあれ、プーさんおめでとう☆
とっても優しい家族とめぐりあえて、ホントによかった
幸せになってね!!

c0218443_158719.jpg
ますます可愛くなってた☆
c0218443_1582327.jpg
妹とはとっても仲良し☆☆
c0218443_158358.jpg
大好きな家族達!!




c0218443_1595057.jpg

いちお、、、、よかったねBOOさん


人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-13 15:10 | 保護犬

ガンドッグ・レトリーブ

ガンドッグレトリーブって知ってますか??
まぁラブやゴールデン飼いの人は知ってるかな??


ガンドッグとは鳥獣の狩を手伝う犬種の総称です。セッターやポインターなどが行うポインティング、スパニエルが行うフラッシング、レトリバーが行うレトリービング等があり基本的には犬種により仕事が違いますが、スパニエルなどフラッシングとレトリービングを兼ねる犬やワイマラナーのように全ての仕事を1頭でこなす犬もいます。

ガンドッグレトリーブは、本来レトリバーが作られた目的「レトリーブ」を競技としたものです。
まぁそのために作られた犬種ですから、この子達にとってはとっても楽しいことなんです
作業犬としてのレトリバーは打ち落とされた鳥などの回収をするために作出されましたが、競技としてはダミーを使ってポイントを競います。

英国では、競技の半数以上がラブなんだって、しかも黒!
2.3割がゴールデン
数パーセントがフラット
らしいです。

なんでこんなこと言い出したかって?
私のトレーニングの師匠が日本で初めてレトリーブやった人かつ、協会の会長かつ、未だに師匠以外教えてる人はいないんじゃないか~?って感じなんです。
今日ガンドッグのレッスンを見て、やっぱりレトリバーはすごいなぁ…と思いました。
もう右へ左へ自由自在!!
この子達にこんな才能があったなんて、目玉が3センチくらいは出ますよ、ハイ。
みなさん、お宅の子もホントはものすごい才能の持ち主ですぞ…!



じゃぁまた!笑



人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-10 21:38 | dogs~うちの子~
今日は久しぶりにな~んにも予定がなく、まったり暮らしております。。
にしても、天気悪いなぁ~


アウちゃんのトレーニング(引っ張らないで人の左側を歩く練習とマテの練習)
毎日お散歩しながらとか時間があるときに10分とかしかやってませんが
これ1週間目くらいです↓




人気ブログランキングへ←ポチっとお願いします♪
[PR]
by love_reira | 2010-06-09 15:14 | 保護犬